デザインを地域の力にかえる。

わたしたちの周りには、たくさんの「デザイン」があります。

お店の看板やロゴ、商品のパッケージ、ポスターやパンフレット、ホームページから名刺まで。

デザインする領域が広がるにつれ、近年、デザイナーの役割も変わりつつあります。

「新しい価値をプラスする」「よりシンプルに解りやすくする」「魅力を最大限にアピールする」

しっかり本質を見極めることで、「デザイン」は、様々なかたちに姿を変え、的確に問題を解決していくことができます。

 

こんなに便利な「デザイン」をもっともっとたくさんの人に活かしてもらいたい!

 

この地元瀬戸内にある小さな商品や大きな文化、強い技術を、

デザインというもので、もっともっと知ってもらい、楽しいものにしていく。

それこそがわたしたちの役割だと思っております。

デザインを地域の力にかえる。

わたしたちの周りには、たくさんの「デザイン」があります。

お店の看板やロゴ、商品のパッケージ、ポスターやパンフレット、ホームページから名刺まで。

デザインする領域が広がるにつれ、近年、デザイナーの役割も変わりつつあります。

「新しい価値をプラスする」「よりシンプルに解りやすくする」「魅力を最大限にアピールする」

しっかり本質を見極めることで、「デザイン」は、様々なかたちに姿を変え、的確に問題を解決していくことができます。

 

こんなに便利な「デザイン」をもっともっとたくさんの人に活かしてもらいたい!

 

この地元瀬戸内にある小さな商品や大きな文化、強い技術を、

デザインというもので、もっともっと知ってもらい、楽しいものにしていく。

それこそがわたしたちの役割だと思っております。

デザインを地域の力にかえる。

わたしたちの周りには、たくさんの「デザイン」があります。

お店の看板やロゴ、商品のパッケージ、ポスターやパンフレット、ホームページから名刺まで。

デザインする領域が広がるにつれ、近年、デザイナーの役割も変わりつつあります。

「新しい価値をプラスする」「よりシンプルに解りやすくする」「魅力を最大限にアピールする」

しっかり本質を見極めることで、「デザイン」は、様々なかたちに姿を変え、的確に問題を解決していくことができます。

 

こんなに便利な「デザイン」をもっともっとたくさんの人に活かしてもらいたい!

 

この地元瀬戸内にある小さな商品や大きな文化、強い技術を、

デザインというもので、もっともっと知ってもらい、楽しいものにしていく。

それこそがわたしたちの役割だと思っております。

オシゴト

LiVEなら届く、一瞬で。

 

EMOTION IS A MOTION. 

想いは、

動かして伝えよう。

自分たちの生活を考える。自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かをデザインすること。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこそが、私たちの考えるデジタルデザインです。デザイナーの考えるひとつひとつの未来をデジタルステージはつくっていきます。

LiVEなら届く、一瞬で。

EMOTION IS A MOTION. 

想いは、動かして伝えよう。

自分たちの生活を考える。自分たちの一か月後がとても楽しそうに思えたり、周囲の人たちがとても喜ぶ顔が想像できたり、フィジカルに感じられる何かをデザインすること。とても身近なところにある自分たちの未来をデザインすることこそが、私たちの考えるデジタルデザインです。デザイナーの考えるひとつひとつの未来をデジタルステージはつくっていきます。

スクルト代表 ディレクター・デザイナー

村上モリロー

1978年高松市生まれ。高松工芸高等学校 デザイン科 卒業。京都芸術短期大学(現在の京都造形芸術大学)ファッションデザインコース 卒業。

グラフィックデザイナーはもちろん、居酒屋のホール、アパレルブランド販売員、カフェのキッチン、引越し屋、家電量販店の販売員や板前など約15種の職種を経験する。その間、大阪や高松のデザイン事務所を点々とし、高松の広告制作会社を経て、2009年7月 広告制作SCURTOとして独立。
2013年9月 株式会社スクルト設立、現在に至る。

第38回四国新聞広告賞 優秀広告賞、受賞。近年では、「CCT AWARD 2013」グラフィックデザインC部門(CI、パッケージデザイン、POP)賞、イラストレーション部門賞、受賞。「CCE AWRD 2014」グラフィックデザインD部門(CI、VI)賞、受賞。 「CCE AWRD 2015」グラフィックデザインC部門(パンフレット、リーフレット)賞、受賞。
「瀬ト内工芸ズ。」部長。

スクルト代表 ディレクター・デザイナー

村上モリロー

1978年高松市生まれ。高松工芸高等学校 デザイン科 卒業。京都芸術短期大学(現在の京都造形芸術大学)ファッションデザインコース 卒業。

グラフィックデザイナーはもちろん、居酒屋のホール、アパレルブランド販売員、カフェのキッチン、引越し屋、家電量販店の販売員や板前など約15種の職種を経験する。その間、大阪や高松のデザイン事務所を点々とし、高松の広告制作会社を経て、2009年7月 広告制作SCURTOとして独立。
2013年9月 株式会社スクルト設立、現在に至る。

第38回四国新聞広告賞 優秀広告賞、受賞。近年では、「CCT AWARD 2013」グラフィックデザインC部門(CI、パッケージデザイン、POP)賞、イラストレーション部門賞、受賞。「CCE AWRD 2014」グラフィックデザインD部門(CI、VI)賞、受賞。 「CCE AWRD 2015」グラフィックデザインC部門(パンフレット、リーフレット)賞、受賞。
「瀬ト内工芸ズ。」部長。

スクルト代表 ディレクター・デザイナー

村上モリロー

1978年高松市生まれ。高松工芸高等学校 デザイン科 卒業。京都芸術短期大学(現在の京都造形芸術大学)ファッションデザインコース 卒業。

グラフィックデザイナーはもちろん、居酒屋のホール、アパレルブランド販売員、カフェのキッチン、引越し屋、家電量販店の販売員や板前など約15種の職種を経験する。その間、大阪や高松のデザイン事務所を点々とし、高松の広告制作会社を経て、2009年7月 広告制作SCURTOとして独立。
2013年9月 株式会社スクルト設立、現在に至る。

第38回四国新聞広告賞 優秀広告賞、受賞。近年では、「CCT AWARD 2013」グラフィックデザインC部門(CI、パッケージデザイン、POP)賞、イラストレーション部門賞、受賞。「CCE AWRD 2014」グラフィックデザインD部門(CI、VI)賞、受賞。 「CCE AWRD 2015」グラフィックデザインC部門(パンフレット、リーフレット)賞、受賞。
「瀬ト内工芸ズ。」部長。

カイシャガイヨウ

会社名:株式会社スクルト

所在地:〒761-0122 香川県高松市牟礼町大町103-2

設 立:2013年9月9日

資本金:223万円

社員数:5名

事業内容:ブランディング、CI、ロゴ、パッケージ、web、広告、アパレル、プロダクト等の企画・デザイン。空間演出、店舗設計。コミュニティービジネスの企画・運営。

カイシャガイヨウ

会社名:株式会社スクルト

所在地:〒761-0122 香川県高松市牟礼町大町103-2

設 立:2013年9月9日

資本金:223万円

社員数:5名

事業内容:ブランディング、CI、ロゴ、パッケージ、web、広告、アパレル、プロダクト等の企画・デザイン。空間演出、店舗設計。コミュニティービジネスの企画・運営。

カイシャガイヨウ

会社名:株式会社スクルト

所在地:〒761-0122 香川県高松市牟礼町大町103-2

設 立:2013年9月9日

資本金:223万円

社員数:5名

事業内容:ブランディング、CI、ロゴ、パッケージ、web、広告、アパレル、プロダクト等の企画・デザイン。空間演出、店舗設計。コミュニティービジネスの企画・運営。

オトイアワセ

Tel : 087-845-0007

Fax : 087-887-4507

Mail: info@scurto.jp

オトイアワセ

Tel : 087-845-0007

Fax : 087-887-4507

Mail: info@scurto.jp

オトイアワセ

Tel : 087-845-0007

Fax : 087-887-4507

Mail: info@scurto.jp